ホーム >> 制作を楽しむ >> 重量紙粘土で制作(造形)

重量紙粘土で制作(造形)

■材料・道具の用意

材料

・紙粘土(重い紙粘土)
・爪楊枝
・水を入れる容器
・ハサミ
・平筆
・彫刻刀(なくても可)

■モデルの用意

イメージだけでは難しいので、モデルの写真を用意しましょう。

<愛犬がいる人>

<愛犬がいない人>

ワンポイント : 前、横、後ろから見た写真を用意

■制作場所の準備

汚れないように敷物を用意しましょう。

わたしは、新聞広告の白い面を床に広げて制作しています。
以前は、新聞紙を敷いていましたが、紙粘土がインクで黒くなります。
新聞広告でも紙粘土が汚れますが、後で色を塗るので大丈夫。
それほど神経質になる必要はありません。

また、床に新聞広告を敷いて作業すると、制作後に腰が痛くなります。
できれば、机で椅子に座って作業することをお勧めします。

■頭の作成

頭

@紙粘土で直径4cmくらいの頭を作ります。
A紙粘土を米粒くらいに丸めて鼻をつけます。
 水を少し付けると粘土同士がなじみます。
B爪楊枝の後ろを押し込み目の凹を付けます。
C口を爪楊枝、または彫刻刀で軽く掘り込みます。

これで頭の完成です。

■胴体の作成

胴体1 胴体2

@15cmくらいの円柱を作ります。
A脚用に左右4cmくらいに折曲げます。
B折曲げところをハサミで均等に切ります。
B切った脚の形を整えます。
C尻尾を作り、胴体にくっつけます。

ワンポイント : ハサミで左右均等な大きさの脚を作る。

■頭と胴体の接合

接合

頭と胴体を接合させます。
@爪楊枝を半分に切り、頭に差し込みます。
A頭の爪楊枝を胴体に差込み、合体させます。
B爪楊枝で接合部分を擦り、継ぎ目をなくします。

1日乾かした後、形を整えます。

■形を整える

整える 整える

1日乾かした後、形を調整していきます。

@紙粘土を埋め込みながらひび割れを直します。
A紙粘土で肉付けをしていきます。既に太りすぎている場合は、彫刻刀で削ります。
B三角刀で耳を掘り込み、凹を付けます。
C平筆に水をつけて擦り、表面を滑らかにします。
 以前は紙やすりで表面を削っていましたが、削り粉で部屋が汚れてしまいます。
 平筆だと、粉が飛び散らず部屋が汚れません。
 また、平筆により毛の感じが出せて一石二鳥!
D納得がいく形になるまで、何回も繰り返します。

ワンポイント : 平筆で仕上げる

これで、造形の終了です。2、3日良く乾かした後、次は着色です。

ホーム >> 制作を楽しむ >> このページのトップへ
inserted by FC2 system